ワイヤロープのことなら大阪コートロープ株式会社へ

大阪コートロープ株式会社

O.C.Rの仕事 研究・開発 ご挨拶 会社概要 お問合せ
 ご質問・ご相談はお気軽に TEL.0725-51-1501
ワイヤロープ
ワイヤロープ

O.C.Rのワイヤロープ

社内一貫体制で様々なご要望にお答え。
現在、ワイヤロープのニーズは産業機械、自動車、OA機器、レジャー用品、生活用品、医療機器と多種多様に拡がりをみせています。OCRでは、用途に応じて伸線から撚線、コーティングにいたるまで一貫して管理された生産システムを取っておりますので、どんなご要望にも迅速にお答えすることができます。これからも良い品をより安くご提供できるよう日々研究・開発に尽力していきます。



ワイヤロープの材質
ワイヤロープは用途に応じた素材を選ぶ事が重要です。大阪コートロープではステンレスをはじめ様々な材質をご用意しております。
 オーステナイト系ステンレス
素材
特長
SUS304
(18cr-8Ni)
耐食性、耐熱性、機械的性質にすぐれている。ロープ材として、 特に指定がない限りこの材料を使用しています。軟質線は非磁性ですが、硬質線は磁性あり。(漁業用・OA機器用)
SUS316
(18cr-12Ni-2.5Mo)
モリブデンを添加する事により耐食性と耐酸性が極めて良好です。非磁性。
SUS316L
(18cr-12Ni-2.5Mo-低C)
炭素を極度に抑えた18cr-12Ni-2.5Mo鋼で耐食性、耐酸性、耐粒界腐食性に良好です。(ネックレス用)

 その他の原材料
素材
特長
銅線
電気特性が良いのでステンレスとの複合材として使います。
(照明器具用)
タングステン線
軽くて引張り強度が高く高熱に耐える。(産業ロボット用・魚釣用ワイヤ)
形状記憶合金
金属でありながら、伸縮し直線を記憶させると、常に真直なロープができます。(ネックレス用、ブラジャー用、アユ釣りワイヤ)


ワイヤロープの構造
ワイヤロープは素線を数多く組み合わせた複雑な構造をしています。ロープの特長を知り選択をする事が重要です。
ストランド(Strand)
ワイヤの基本となる構成。芯は鋼芯。アクセサリー、フィッシング等幅広い用途に用いられています。
IWSCストランド芯(Independent Wire Strand Core)
ロープのコアに同一材質のストランドを使用したもので、その構造は3×7、7×7、7×19等です。機械要素として最も汎用性のあるもので、剛性、可撓性に優れています。用途は、事務機器、自動車、音響機器、インテリア、レジャー用品等広範に使用されています。
IWRCロープ芯(Independent Wire Rope Core)
ロープのコアにロープを使用したもので外層にストランドロープを撚り合わせたもので、その構造は{(7×7)+(8×19)}等があります。特に可撓性が要求される機械要素として使用され、ロープのままでは接触応力によって型崩れが生じ耐久特性に影響がでるため外層にナイロン樹脂等の合成樹脂被覆を行うことが一般的です。



撚り方
ロープの撚り方向はZ撚りとS撚りの2種類があります。またストランドの撚り方向の違う普通撚りとラング撚りがあります。それぞれにメリットデメリットがあり用途により上手く使い分ける必要があります。
ワイヤロープ撚線の種類
ワイヤロープは素線を数多く組み合わせた複雑な構造をしています。ロープの特長を知り選択をする事が重要です。
品番表のPDFファイルをご覧頂くには「Adobe Reader」が必要となります。お持ちでない方はこちらからソフト(無料)をダウンロードしてください。

断面図 説明
SEタイプ
ワイヤの基本となる構成。アクセサリー、フィッシング等幅広い用途に用いられています。
【品番表PDF】
SBタイプ
1x7をさらに7本組み合わせた構成。同じ外径なら1x7よりも柔軟性に富む。0.8mm以上のワイヤなら定番の構成。
【品番表PDF】
SGタイプ
プッシュプルの動力伝達用の構成。インナーワイヤ用に開発されたため表面は凹凸が無くツルッとした仕上がりになっています。
【品番表PDF】
SDタイプ
一昔前にステンレスが高価だったために1x7の代用品として考案された。現在はステンレスの価格が下がったためにあまり用いられることはありません。
【品番表PDF】
SFタイプ
主に魚場用ワイヤとして使用されています。
【品番表PDF】
SIタイプ
より方向がZ撚り、S撚り交互に入っているために自転発生率が低い
【品番表PDF】
SAタイプ
一昔前にステンレスが高価だったために7x7の代用品として考案された。現在はステンレスの価格が下がったためにあまり用いられることはありません。
【品番表PDF】
SCタイプ
7x7をよりフレキシブルにしたタイプ。但し同じ太さなら7x7より引っ張り強度は多少下がります。
【品番表PDF】

SSタイプ
19本(SGタイプ)を芯に7本撚り(SEタイプ)を周りに8本かぶせた構成。
【品番表PDF】
SRタイプ
SSタイプとは逆に7x7(SBタイプ)を芯にして1x19(SGタイプ)を回り(側に)8本被せた構成。
【品番表PDF】
SPタイプ
7x7(SBタイプ)をさらに7本撚った構成。
【品番表PDF】
MONOワイヤ
ステンレス(SUS-304)の単線です。主になまし材と硬線の2種類があります。簡単に癖の付く針金のようなタイプをナマシ材(W-1)と呼び、腰が強くピンピンしているものを硬線(WP-B)と呼びます。その他にSUS-316、SUS-316L、銅線、チタン、形状記憶合金、純銀、純金等必要に応じてご用意可能です。
【品番表PDF】



コーティングの種類
ワイヤロープはコーティングによって、金属素材の特性と樹脂の性質が合わさり新しい特性を持つ製品になります。
素材
特長
NYLON-6
対候性、対薬品性にすぐれ、漁業、特に遊魚用ロープ、装身具用ロープに使われます。
NYLON-12
ナイロン6に比べて柔軟性に富み、OA機器等の駆動用ワイヤロープに使われます。
NYLON-12+OIL
オイルを添加する事により耐食性と耐酸性が極めて良好です。非磁性。
DIA・X
(Graphite)
カーボンを含有させる事により、すべりが良く疲労特性にすぐれる。通常ナイロンの2倍〜3倍の寿命。


■商品のご注文、またはご質問・ご相談は下記電話番号までお気軽に
大阪コートロープ株式会社0721-51-1501 メールでお問合せ
受付時間:10:00〜19:00 (土日祝を除く)



 
    Copyright(C) 2015 OSAKA COAT ROPE co.,ltd