ワイヤロープのことなら大阪コートロープ株式会社へ

大阪コートロープ株式会社

O.C.Rの仕事 研究・開発 ご挨拶 会社概要 お問合せ
 ご質問・ご相談はお気軽に TEL.0725-51-1501
建築用ワイヤ吊システムクイックワイヤ工法フリーダムワイヤ工法製品カタログ・使用方法

ワイヤシステム


クイックワイヤ工法



カラー:ブルー/グリーン/イエロー/レッド/ホワイト
軽い・省資源・抜群の作業効率
クイックワイヤはインサート+全ネジの吊金具に変わる新しいタイプの吊りシステム。照明器具・冷媒配管・グラスダクトの吊り込みや空調機器等の揺れ止めにご使用ください。見た目もスッキリ。


→詳しくはコチラまで




特長
ワイヤとインサートが一体型になっているので、一回の作業で、埋込型照明器具、ダクト等吊り込む寸前までの工事ができます。
デッキプレートの穴開けはφ6.5と小さいので、電気ドリルや、ポンチなどで穴あけ作業が容易に出来ます。
軽量、コンパクトなので、作業場所まで材料移動が安全かつ容易に行えます。

《従来の吊金具との重量の比較》
  インサート(1000個) 約80kg
  全ネジボルト(1000個) 約620kg
  クイックワイヤ1.5M(1000本) 約18kg

超高層ビル作業時の仮設ELV使用量(一回約3000円)の減少。
グリップルやスパイダー(専用支持金具)を使って超スピード超かんたん施工。
全ネジボルトの寸法取り、切断、ネジ込み作業時の不備等減少。
ステンレス製だからサビに強く。耐久性、強度も「安心」。
     
    


埋込型照明器具の施工例


従来工法
 従来工法(全ネジ)
新工法
 新工法(クイックワイヤ)

     クイックワイヤ&スパイダーを使った埋込型照明器具の施工要領

墨だし後、デッキプレートに6.5Φの穴を開け、クイックワイヤ(樹脂部)を押し込みながら、ワイヤを下ろします。

照明器具にスパイダーをあらかじめ取り付けておきます。

クイックワイヤをスパイダーに通し、引っ張りながら照明器具を天井まで左右交互に押し上げます。

固定位置が決まったところでスパイダーのロックスリーブ部を専用圧着工具でカシメて下さい。余分なワイヤは器具の穴より天井部へ押し入れておくか、100m/m程残し切断してください。

照明カバー、電球を取り付けて完了です。
              《ポイント》
天井部まで、照明器具を押し上げたあと、スパイダー部を押し上げながら、ワイヤを引き、天井部と器具とのスキ間を無くしてください。


     スパイダー(ワイヤ用固定金具)
                

《使用方法》

矢印の方向にワイヤを通す。その場で止めると仮ロックされます。

つまみを引けばワイヤはフリーになります。


固定位置が決定したところで必ずロックスリーブを専用圧着工具でカシメて下さい。

《特長》
ロックスリーブを一体型にしたレベル調整とカシメの出来る金具です(特許出願中)
スパイダーはボルト形状になっているのでワイヤへ様々な金物の取り付けが可能です。
ピクチャーレールにも使用できます。
専用圧着工具でカシメた後は目視確認できます。


その他の器具の施工例

アルミダルマスリーブ (SRD-4)を使用し、専用圧着工具(NSP-2)でカシメ吊り施工。もしくは、グリップル(GR-2)を使用して吊り込み施工。

背びれ付グラスダクトの施工例

冷媒配管の施工例(硬質塩ビバンドとの併用施工可能)

スパイラルダクトの施工例



■商品のご注文、またはご質問・ご相談は下記電話番号までお気軽に
大阪コートロープ株式会社0721-51-1501 メールでお問合せ
受付時間:10:00〜19:00 (土日祝を除く)



↓下記は大阪コートロープ株式会社と協同販売している管材メーカーです。管材・空調・衛生関連のご相談・資料請求はこちらでも可能です。
管材・空調・衛生関連の事なら日栄インテック株式会社
 
    Copyright(C) 2015 OSAKA COAT ROPE co.,ltd